新着情報

2020/07/03250万円の補助金申請しました☆

250万円の補助金申請しました☆
250万円の補助金申請しました☆
250万円の補助金申請しました☆

リノベーション工事進行状況2~設計ー申請中~

 

以前ご紹介した、リノベーション物件は長期優良住宅(増築・改築)の認定が下り、BELSも取得し、

本日250万円の補助金申請を行いました☆

 

物件の詳細ページ↓

https://www.daishogroup.co.jp/news/?id=217

 

建物の省エネ性を☆1つ~5つの数で表すBELS(ベルス)の評価はもちろん最高の☆5つ!

※BELSの内容は後日詳細に掲載します♪

 

エネルギー消費量は国が示す基準のさらに39%も削減できる計算結果です!

 

認定長期優良住宅(増築・改築)で、

耐震性

省エネ性

維持管理性

劣化対策

の第三者評価を受け、

 

さらにBELSで☆5つを獲得できる、省エネの建物には、

最高で250万円の補助金が受けられます!

 

そして、この物件のお施主様は満額の250万円の申請額となりました♪

 

新築であったとしても、長期優良住宅ではない、BELSの評価もされていない物件が多々ある昨今に、

築43年の物件が認定を受け、省エネになって生まれ変わります。

 

そして、国はそのように生まれ変わる住宅には、この物件のように250万円の補助金を出してくれます。

 

価値観は人それぞれ。

新築であろうがリフォーム・リノベーションであろうが、どちらが良い悪いではありません。

 

住宅の工事をする際にはご家族の人数や、築年数によっても新築にするか、

リフォーム・リノベーションにするかは変わってくるとも思います。

 

しかし、いずれの場合も耐震性や省エネ性などの目に見えない部分をしっかりと考え、

シミュレーションや計算をしてくれる施工会社に依頼することをお勧めします☆

 

新築をお考えの方、その間取りプランの

耐震等級はいくつですか?

Ua値はいくつですか?

耐久性(劣化対策等級)はいくつですか?

 

リフォーム・リノベーションの方、

補助金の説明は受けましたか?

 

依頼する施工店にこれくらいは聞いた方が良いですよ!

もし、答えられなければ・・・・

 

残念ながら建築業界はまだまだ一般のお施主様には分かりづらい業界であり、

検討の際に指標とする明確な基準がないため、消費者にとってはとても難しく悩ましいことが多いと思います。

 

ですが、わからないから単純に価格だけで判断すると、その建築は失敗に終わります。

 

例え、大きな窓や間取りやデザインが気に入ったとしても、

耐震性や省エネ性、補助金のことぐらいは質問してみましょう。

 

もしどうしても不安やわからない場合はお気軽にご相談ください。

 

他社様の物件でも客観的な視点でアドバイス致します!

 

↓長岡市、見附市の性能向上リノベーションは「リノベ専科 住み継ぐ家」のHPで詳細をチェック

 https://sumitsuguie.com/news/122035/

 

お問合せはこちらから↓

 

フリーアクセス 0120-66-4699

※フリーアクセスは一部の地域の固定電話からの回線に限られます。つながらない場合は、

℡ 0258-66-4303まで

 

お問合せフォームからも受け付けしております。

http://www.daishogroup.co.jp/contact/

 

過去の記事を見る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。