施工事例

敷居の黒ずみ!

敷居の黒ずみ!

繊細な格子が組まれた障子戸ですね!

障子戸の奥で見つけた黒ずんだ敷居、ガラスにも黒カビ、サッシにもカビと大変な状態になっています。これが結露の仕業!温湿度計と放射温度計で測って見ると床部分の温度は16度で天井が27度でした。体感温度にすれば21度くらいでしょうか。部屋には結露の原因になるたくさん洗濯物が干してありました。ガスストーブでの暖房、植栽もあって結露の原因となる要素がかなりありました。

解決するには「暖かさ、省エネ、静か」と三つ備えたマドの三冠王”プラマードU”の登場です。この写真は10月に行った”秋のメンテナンス祭り”での写真です。後ろに張られた多くの紙は今まで”プラマードU”を付けてくださった方からの感想です。たとえば、外の音が聞こえなくなりました。赤ちゃんのお昼寝も安心していられます。とか毎朝、ガラスを拭いていましたが付けてから窓を拭かなくてよくなりました。他には、レースのカーテンが窓に張り付いていましたが内窓付けたらカーテンらしくしています。まだまだ、たくさんの方からコメントを頂きました。Y様邸ではペアガラス仕様の内窓を注文いただきましたが年末ですので年明けの工事になります。取付後の施主様のお声をお伝えしたいと思います。

この施工事例で使用した商品

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。