大庄サポートセンター

大庄サポートセンターとは

大庄サポートセンターでは
構造計算・省エネ計算・高断熱高気密住宅設計
長期優良住宅申請サポート・住宅性能表示申請サポート
低炭素住宅申請サポート・各種補助金制度申請サポート
「住まいのスペック表」をつくる設計業務を行っています。

家電や自動車のカタログには「スペック表」がついているのに、人生最大の買い物である住宅には、その性能を示すものは何もついていません。せいぜいどういう資材を使っているとか、地震に強いとか省エネなど…。具体的な数値も示さず、イメージだけのいい加減な説明です。

結局住んでからイメージと実力のギャップにガッカリさせられることになるでしょう。

言葉のニュアンスや誇大表現に惑わされるのではなく、数値を見てご納得いただきたいと考えております。
『住まいのスペック表』をもとに丁寧な説明を心がけております!それが大庄のいい家づくりのポイントです!

住まいのスペック表

光熱費シミュレーション結果
光熱費シミュレーション結果
建もの燃費 計算結果
建もの燃費 計算結果
光熱費シミュレーション結果
光熱費シミュレーション結果
光熱費シミュレーション結果
建もの燃費 計算結果

大庄サポートセンターが考えるいい家

いい家ってなんだろう?

高断熱高気密

高断熱高気密住宅という答えお客様が求めるものがギュッと詰まっています

高断熱高気密住宅という言葉
皆さん聞いたことはありませんか?

「高断熱高気密住宅」とは躯体の断熱性能が高く外気温に影響されにくいため、わずかな冷暖房で一年中快適に過ごせる住宅の事を言います。季節の移り変わりを楽しめる日本では寒暖差が問題となっていました。それを解決するのが「高断熱高気密住宅」です。断熱性能の向上で1年中快適に暮らせます。

ヒートショックから身を守る冬もぽかぽか快適な住宅に

「高断熱高気密住宅」は家中の温度差が少ないため、ヒートショックによる脳血管系疾病を防ぐことができます。

そして最大の魅力はわずかなエネルギーで冷暖房できるため、光熱費を大幅に節約できることでしょう。エネルギー消費が少なく、資源を節約できます。

高断熱高気密住宅はデザインを縛るものではありません。間取りも自由自在です。

3つのメリット

  1. 1

    快適で
    光熱費が安い

    キッチン
  2. 仕切り線 2

    快適で
    健康にも良い

    「温度のバリアフリー」で
    ・ヒートショック、アトピーを防ぐ
    ・高断熱化で医療費削減ができることも
    実証されています。

  3. 仕切り線 3

    快適で
    長持ちする家

    日本の住宅寿命は約30年
    欧米は約100年
    この差は高気密高断熱でないことから起こる
    結露(壁体内結露)が原因と言われています

大庄サポートセンター イチオシ補助金事業

地域型住宅グリーン化事業サポート

地域型住宅グリーン化事業サポート

地域型住宅グリーン化事業

パッシブハウスとゼロエネ住宅

大庄サポートセンターではドイツ生まれの高性能な省エネ住宅「パッシブハウス」を取り入れています。
建物の性能を上げ、冷房や暖房を使わなくても快適に過ごせるようにすることを目的とした建築です。
パッシブハウスは補助金対象になる「ゼロエネ住宅」向き。大庄では、新潟県長岡市という気候の厳しい地域にもゼロエネ住宅・パッシブハウスを造り上げ、サポートしていきます。

パッシブハウス

ドイツ生まれの高性能な省エネ住宅。ドイツのパッシブハウス研究所が認定・規定しています。
その規定は各国が規定する省エネ住宅基準よりはるかに厳しい。
建物の性能を上げ、冷房や暖房を使わなくても快適に過ごせるようにすることを目的としています。

ゼロエネ住宅

経済産業省が定めた省エネ住宅の定義で、「消費エネルギーと、太陽光発電などで創りだした
エネルギーが差し引きゼロ」で、「必須の設備」が揃っている住宅が「ゼロエネ住宅」と認定されます。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。